Questyle社はポータブルハイレゾプレーヤー「QP1R」の最新ファームウェアV.1.0.8を公開しました。 ダウンロードはこちら

今回のアップデートでは、新たにUSB DAC機能を追加しております。
一つ前のファームウェア、V.1.0.7でも追加されておりましたが、安定性の面から代理店としては推奨しておりませんでした。
ですが今ファームウェアより、安定性の向上と検証が済んだ為、公式に推奨させて頂きます。
使用方法はシステム設定より、中段のUSB設定→DACを選択頂き、PC等とお繋ぎいただく事でご使用いただけます。
また、今ファームウェアでは、内部レイヤーの変更があり、アーティストからアルバムを選択できるようになりました。
(以前はアーティスト→曲名一覧の選択のみ)
これによりお好きなアルバムをいつでも気軽にアーティストから選択ができます。
また、日本語フォントの最適化もされ、今まで以上に見やすく使いやすくなったQP1R、今後も順次ファームウェアを更新してまいります。

引き続きQP1Rをご愛用頂ければと思います。

【アップデート内容】
1)USB DAC機能を追加。

2)日本語フォントの改良及び、最適化。

3)再生中画面から、アーティスト/アルバムの画面に戻った際の位置を変更。従来は一番上まで戻っていたが、再生しているアーティスト/アルバムの項目に。

4)カテゴリー別再生時の改装を修正。アーティスト→曲名一覧だったものをアーティスト→アルバム→曲名一覧に。

5)ソフトウェアの安定性の向上。

【アップデート方法】
※データ保全のため、必ずバックアップをしてから作業をするようにしてください。

Questyle社のDownloadページ→Driveよりファームウェアをダウンロード

↓ 解凍したファイル「q1.fw」をmicroSDカード(FAT32でフォーマット)の一番上の階層に保存

↓ ファームデータの入ったmicroSDカードを本体のスロット1に挿入

↓ システム設定ーファームウェアのアップデートー「はい」を選択

アップデート後、自動的に再起動しますので起動画面「QP1R」の右側にV1.0.6が表示されていることをご確認下さい。
microSD内のファームデータは作業後不要となりますので削除した頂いて構いません。

ご不明な点がございましたら株式会社Jカスタマーサポート(info@audio-j.co.jp)までご連絡下さい。
br>